FC2ブログ

フクロモモンガの繁殖について PART1

こんばんは~(≧▽≦)

またまた夜月です。

仕事場の都合で急に3連休になって、今日で3日目なので
すが3日間特にどこかに遊びに行ったりなどはなくいつもの
休みとなんら変わりませんでした(笑)

ではでは本題に入りますね♪

Ⅴ、繁殖について

1、繁殖の適齢期・注意点
  性成熟:オス12~15ヶ月、メス8~12ヶ月
       早い報告では生後3ヶ月というのもあります。
  発情期間:2日間で発情が始まって2日目に排卵します。
  妊娠期間:15~17日(育児嚢から出るのは嚢へ移って
       から2ヶ月)
  産子数:1~2匹で基本は2匹で稀に1匹の時もあります。
  新生子:体長約5㎜、体重0.16gで生後2ヶ月頃までは
      育児嚢の中にいて2ヶ月頃からは尻尾が育児嚢
      からはみ出ることがあるのでそれで子供がいる
      のを確認することができます。
  繁殖時季:春と秋
  繁殖回数:野生化では年2回ですが、飼育化では頻繁に
       繁殖することもあります。
       繁殖は体力の消耗があるので母親の体と
       飼育費などを考えて計画して繁殖させた方が
       良いです。
  注意点:母親が肥満だとその子供が若年性の白内障が
       発症することがあるので 注意した方が良いです。
       高齢での初産やペアの肥満、痩せすぎなどの
       コンディションが十分でない場合は妊娠の失敗に
       繋がるので特に注意が必要です。
       妊娠中、育児中オスはメスや子供にストレスなど
       の害を与えることがなけ れば一緒のケージに
       しといて大丈夫ですが毎日何もないかはチェック
       した方が良いです。
       遺伝性の病気を持っている子は繁殖させること
       で子供に移してしまうので繁殖させてはいけない
       です。

今日の所はこんな感じですね

家のフクロモモンガの蒼太と雅を同じケージに入れているの
ですが、年齢や仲の良さはクリアしているんだけどなかなか
子供が産まれていないんだよな~

今日はこの辺で終りにしたいので最後に↓にモルモットの小羽
の写真を載せておきますね
DSC02326.jpg
 ↑
リラックスしている時の小羽です。
だいたいこの状態の時は頭を撫でさせてくれます。

次回の更新は3日後の7月27日に夜月かけいのどちらかが
更新しますので良かったら見て下さい

それじゃあ、バイバ~イ
スポンサーサイト



FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

0 Comments

Post a comment