FC2ブログ

フクロモモンガの疾病について PART1

こんばんは~(≧▽≦)

夜月です。

とうとう8月になってしまいましたね~
(↑特に意味は無いです(笑))

少し前からですが朝起きると部屋の近くの公園などから
セミの鳴き声が聞こえてくるので夏だな~と感じてきます。
こないだ部屋の窓を掃除している時にセミが突っ込んで
来たのにはビックリしました

本題に入りますね♪

1、代謝性骨疾患
  症状:衰弱、四肢の麻痺、関節の腫れ、骨折、骨の変形
     などです。
  原因:カルシウム・ビタミンD不足、カルシウムとリンの
     不均衡、ホルモン異常などです。
  予防:栄養バランスの良い食事をあげることです。
      妊娠中・授乳期・成長期などの通常より栄養
     (特にカルシウム)が多く必要となる時期には通常
     より栄養バランスの良い食事をあげることです。
     モモンガの栄養要求量はまだわかっていない状態
     ですがカルシウム:リンが1~2:1の割合で
     カルシウム1%、リン0.5%、ビタミンD1500IU/kgを
     含まれた食事が良いとされています。

2、ペニス脱
  症状:ペニスが出たままで時間が経つことによって赤黒く
     腫れたり、壊死して黒くなったり、ペニスを気にして
     舐めたり齧ったりするなどです。
  原因:性成熟したオスはグルーミングや性的フラストレー
     ションのためにペニスを出し入れすることが多く
     なり、その際にペニスが出たままで時間が経った
     場合乾燥したり生殖器周辺の毛を巻き込むことに
     よって戻らなくなることによってなります。
  予防:早期発見が重要とされています。

3、胃腸炎
  症状:食欲不振、軟便、下痢、誇張、代謝性 骨疾患に
     よる骨盤変形が起こり、食滞を起こすこともあり
     ます。
  原因:細菌、真菌、寄生虫など感染や異物や不適切な
     食事によって胃炎や腸炎が引き起こさることが原因
     となります。
  予防:衛生的な飼育環境や栄養バランスの良い食事を
     あげることです。

こんな感じですかね。

ここ最近でフクロモモンガの専用フードは増えましたが未だに
代謝性骨疾患などの栄養バランスによる病気になる子が
いますので専用フードだけでなく果物や野菜など別も物と一緒
にあげるようにして週に1回程度は体重を測ったり体型などを
見たりすることで↑のような病気を予防することが出来ます。

今日はこの辺で終りにしたいので最後に↓にモルモットの空の
写真を載せておきますね
DSC02367.jpg
 ↑
真正面の空です。
写真のフォルダを見ながら意外となかった?のが真正面から
撮ったものだったので今日撮ってみました。
カメラに近づいてくるも食べ物ではないのに気付いたので
顔を背けられました

次回の更新は3日後の8月5日に夜月かけいのどちらかが
更新しますので良かったら見て下さい

それじゃあ、バイバ~イ
スポンサーサイト



FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

0 Comments

Post a comment