FC2ブログ

猫の品種について PART3

こんばんは~(≧▽≦)

夜月です。

今日はフクロモモンガの葵のケージを少し広めの物に引っ越し
させて今日からは離乳食をシリンジであげる以外に器に入れた
状態であげるようにしました。
これが上手くいってくれたらいよいよバイト探しをしないといけ
ないのでまた面接に行ったりなど色々と大変になるので面倒
です(笑)

本題の方に入りますね♪

・ロシアン・ブルー
 歴史と特徴
 ロシアン・ブルーの原種は寒さの厳しいロシア北部にある
 アークエンジェル島で自然発生してた猫と言われています。
 19世紀に商人によって英国や北欧に運ばれたことによって
 広まり、1875年に英国でのキャットショーで数多く出さ
 れた時には目の色は黄色でした。
 その後に英国のブリーダーによって1912年にロシアン・
 ブルーとして公認され、その時には目の色は今のグリーン
 でした。
 性格の方はおとなしく、あまり鳴くことはないのですが環境の
 変化には敏感です。
 原産国:ロシア
 体重:2.8~4.7㎏
 体型:フォーリン
 毛質:短く密度の高いダブルコートで、光沢があります。
 毛色:ブルー(青灰色)、毛先はシルバーです。
 目色:グリーン

こんな感じです。
書くと意外と長くなってくるので歴史の方を短くするのに
時間が掛かってしまいます(笑)

今日はこの辺で終りにしたいので最後に↓にモルモットの
璃桜の写真を載せておきますね
DSC02750.jpg
 ↑
相変わらず、写真を撮られる時に固まっていることが
多い璃桜です。
父親の空と同じく撮りやすいから楽で良いです(笑)

次回の更新は3日後の11月6日に夜月かけいのどちらかが
更新しますので良かったら見て下さい

それじゃあ、バイバ~イ
スポンサーサイト



FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

0 Comments

Post a comment