FC2ブログ

猫の品種について PART5

こんばんは~(≧▽≦)

夜月です。

葵の離乳を開始して数日が経っていますが今の所は日に
日に体が大きくなって調子も良いので自分も明後日からは
バイト探しが出来そうです

久しぶりに面接受けないといけないから若干緊張しています。
(動物業として活動する時は普通に出来るんだけどそれ以外
では緊張するんだよな~(笑))

本題の方に入っていきますね♪

その前にこの「猫の品種について」の記事の文字の色によって
意味があるのでそれを簡単に説明しておきますね。

赤文字・・・すごく重要なこと
青文字・・・品種のことが終わった後に説明する用語

・スフィンクス
 歴史と特徴
 スフィンクスと言えば毛の無い猫ということで有名です。
 基になっているのは1960年代、カナダのトロントで家庭
 猫が産んだ毛の無い猫達とその猫達とデボン・レックス
 という種類の猫を交配させて産まれた猫だと言われています。
 ↑にも毛の無いと書いてはいますがまったくというわけでは
 なく柔らかい毛が薄~く生えているので近くで見たり触ったり
 すると分かりやすいです。
 毛がないのとはあまり変わらないので、紫外線や暑さ寒さや
 外傷に弱いのでその点を他の猫より注意しないといけない
 です。
 性格は好奇心旺盛ですが従順な面もあります。
 原産国:カナダ
 体重:3~6kg
 体型:セミフォーリン
 毛質:薄~く生えていて、肌触りはなめらかです。
 毛色:すべての毛色
 目色:毛色に準ずる
 
・バリニーズ
 バリニーズの基はサイアミーズと言う種類の猫から稀に産まれ
 てくる長毛の猫で、その稀に産まれてくる理由はサイアミーズ
 の祖先の中に長毛の猫がいて、その猫の劣性遺伝が現れたと
 いうことで、先祖返りということになります。
 名前の由来はバリ島のダンサーの踊りをイメージしたものと
 言われています。
 原産国:アメリカ
 体重:2.6~4.5kg
 体型:オリエンタル
 毛質:長毛で絹のように細いです。
 毛色:シール、チョコレート、ライラック、ブルーの4色の
     ポイントカラー
 目色:濃いブルー

今日はこんな感じです。
何とか2種類説明できて良かったです。
スフィンクスは小動物のモルモットの種類でスキニー・ギニア
ピッグという子が同じように無毛の種類になります。

今日はこの辺で終りにしたいので最後に↓にフクロモモンガの
葵の写真を載せておきますね
DSC02757.jpg
 ↑
上にも書いたように日に日に成長している葵です。
体重も59.2g→67.2g(本格的に離乳を開始した日からの
体重)と大きくなっていてこのままいけば父親の蒼太より大きく
なりそうです。

次回の更新は3日後の11月12日に夜月かけいのどちらかが
更新しますので良かったら見て下さい

それじゃあ、バイバ~イ
スポンサーサイト



FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

0 Comments

Post a comment