FC2ブログ

猫の品種について PART6

こんばんは~(≧▽≦)

夜月です。

フクロモモンガの葵の離乳などが順調に進んでいるので、昨日
からバイト探しをしていてさっそく明日に面接が1件入ったので
なるべくこれで受かってくれたらなぁっと思っています
(面接は緊張するから苦手なんですよね(笑))

本題の方に入りますね♪

その前にこの「猫の品種について」の記事の文字の色によって
意味があるのでそれを簡単に説明しておきますね。

赤文字・・・すごく重要なこと
青文字・・・品種のことが終わった後に説明する用語

・マンクス
 歴史と特徴
 マンクスはマン島と言うアイリッシュ海にある孤島で飼われて
 いた猫が近親交配による突然変異によって尻尾の無い子が
 生まれ、その尻尾の無い遺伝子を長い年月をかけて確立した
 と言われています。
 体型も昔は違っていて昔は体や足が長かったのですが、
 アメリカのブリーダー達によって今の丸くてずんぐりした
 体型になりました。
 マンクスには尾が有るか無いかで呼び方に違いがあって、
 有る方を「スタンピー」、無い方を「ランピー」と言います。
 ただ、キャットショーに出れるのはランピーだけです。
 スタンピーの方にも重要な役割があって、ランピー同士で交配
 させると致死遺伝子によって死産か生後4ヶ月頃までに何か
 しらの障害によって死んでしまうことが多い
のですが、
 ランピーとスタンピーを交配させることでそれを回避する
 ことが出来ます。
 (回避出来るのはランピー同士による致死遺伝子によるもの
 だけでそれ以外は普通の繁殖同様何らかのことで死産などが
 起こることもあります

 尻尾の無い遺伝子は優性なので片方の親がランピーだと
 ランピーの子が生まれます。
 (生まれた子が全員ランピー子と言うわけでは無いです。)
 原産国:イギリス
 体重:3~5.5kg
 体型:コビー
 毛質:短毛と長毛があって、短毛の方は厚みのある硬めの
     ダブルコートで、長毛の方は柔らい手触りのダブル
     コートです。
 毛色:多数あります
 目色:カッパーを基本としていて、毛色に準じています。

今日はこの辺で終りにしたいので最後に↓にデグーの月の
写真を載せておきますね
DSC02771.jpg
 ↑
写真には写っていないのですが、月の下には給水器が
あってその上に載っている時の写真です。

次回の更新は3日後の11月15日に夜月かけいのどちらかが
更新しますので良かったら見て下さい

それじゃあ、バイバ~イ
スポンサーサイト



FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

0 Comments

Post a comment