FC2ブログ

猫の品種について PART7

こんばんは~(≧▽≦)

夜月です。

今日はフクロモモンガの葵のケージを新しくしました。
前まではハムスターケージだったのですが、フクロモモンガや
デグーなどに使うタイプのケージに交換して遊び道具などを
入れてみたのですが特に問題は無く過ごしているみたいなので
良かったです

本題の方に入りますね♪

その前にこの「猫の品種について」の記事の文字の色によって
意味があるのでそれを簡単に説明しておきますね。

赤文字・・・すごく重要なこと
青文字・・・品種のことが終わった後に説明する用語



・シンガプーラ
 歴史と特徴
 シンガプーラは体が小さいことから「小さい妖精」とも言わ
 れています。
 1970年代にシンガポールに滞在していたメドウ夫妻と言う
 アメリカのブリーダーが路上にいた珍しい猫達をを飼うこと
 にし、その後アメリカに戻った夫妻によって、シンガプーラと
 名付けられ繁殖をさせました。
 今のシンガプーラの基になったほとんどがメドウ夫妻が連れ
 帰った猫達だと言われています。
 性格はおとなしく、鳴き声は小さいです。
 原産国:シンガポール
 体重:2.5~4kg
 体型:セミコビー
 毛質:短毛で、絹のような柔らかい手触りです。
 毛色:セピア・アグーチ
 目色:グリーン、イエロー、ヘーゼル
 
・メインクーン
 歴史と特徴
 1600年代にアメリカ大陸を目指していた移民船の積荷を
 ネズミによる被害から守るために連れて来られた長毛の
 猫達が乗っていて、その猫達がアメリカ大陸にいる家庭猫
 達と交配し各地へ広がっていきました。
 各地へ広がっていった猫達は寒暖の厳しい環境によって
 自然淘汰されたことによって、生まれたのがメインクーンと
 言われています。
 メインクーンの名前の由来には、アメリカのメイン州の
 ラクーン(アライグマ)と野生の猫の混血という伝説から
 来ていると言われています。
 原産国:アメリカ
 体重:4.5~8kg
 体型:サブスタンシャル
 毛質:長毛でのシャギー・コートです。
 毛色:単色で、多数あります。
 目色:毛色に準ずる

今日の所はこんな感じです。

何とか2種類書けました~
さすがに3種類だと長くなり過ぎるので2種類までに
しておいとかないといけないですね(笑)

今日はこの辺で終りにしたいので最後に↓にモルモットの
璃桜の写真を載せておきますね
DSC02784.jpg
 ↑
リラックス中の璃桜です。
少しだけ小羽の顔が見えています。

次回の更新は3日後の11月18日に夜月かけいのどちらかが
更新しますので良かったら見て下さい

それじゃあ、バイバ~イ
 
   
スポンサーサイト



FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

0 Comments

Post a comment