FC2ブログ

猫の品種について PART17

こんばんは~(≧▽≦)

夜月です。

朝、寒くて中々布団から出られないので困っています(笑)
今日は思わず二度寝してしまいそうになったけど朝から
求人を探したり動物の飼育をしなくてはいけないので
頑張って起きました。

本題の方に入りますね♪

この「猫の品種について」の記事の文字の色によって意味が
あるのでそれを簡単に説明しておきますね。

赤文字・・・すごく重要なこと
青文字・・・品種のことが終わった後に説明する用語

・バーマン
 歴史と特徴
 バーマンの起源はビルマの寺院で古くから飼われていた長毛の
 純白の猫達です。
 その起源には伝説的は話があり、ビルマの寺院にいた僧侶が
 盗賊によって殺害され、その時に「シン」と言う猫が僧侶の
 遺体の上に乗り寺院に奉納されていた女神像にを見つめて
 いたら四肢や耳、尾以外の毛は金色に、目色は奉納されていた
 女神像と同じブルーサファイアに変化し、四肢の先端だけは
 純白のままでした。
 翌朝には寺院で飼われていたシン以外の猫達もシンと同じ
 毛色、目色になっていました。
 周りの人達からは僧侶の魂がシンに宿った考え、神聖な猫と
 して大切にされました。
 1919年にはフランス人の「アウグスト・バディエ」が
 神聖な猫をつがいで連れて帰国したのですが、その道中で
 オスの方は亡くなってしまったのですがメスの方(名前は
 「シーダ」)は奇跡的に妊娠していました。
 第2次世界大戦が原因で絶滅的な状態になったのですが、
 イギリスからの輸入によって繁殖の計画を再開させました。
 体の特徴はブルーサファイアのような目色と四肢の先端が
 純白で靴下を履いているような感じです。
 性格は穏やかで飼い主に忠実な方です。
 原産国:ミャンマー(旧ビルマ)
 体重:4~7㎏
 体型:ロング&サブスタンシャル
 毛質:長毛で絹のような柔らかな手触りをしています。
 毛色:ポイントカラーで多数あります。
 目色:サファイアのような濃いブルー

こんな感じですかね。
今回は1種類だけで微妙な長さになってので2種類目は書か
なかったので次回は2種類書けたら良いかなと思います。

今日はこの辺で終りにしたいので最後に↓にデグーの霧夜の
写真を載せておきますね
DSC02943.jpg
 ↑
見ての通りケージの天上の方まで登っている霧夜です。
基本的に自分が入るといつもこんな感じでケージから出して
などの要求をしてきます。

次回の更新は3日後の12月18日に夜月かけいのどちらかが
更新しますので良かったら見て下さい

それじゃあ、バイバ~イ
スポンサーサイト



FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

0 Comments

Post a comment