FC2ブログ

猫の品種について PART28

こんばんは~(≧▽≦)

夜月です。
あと2回ぐらいで品種の説明も終わりそうです。
終りと言っても次は用語などの説明の記事が数回続きそうなん
ですけどね。

本題に入りますね♪

この「猫の品種について」の記事の文字の色によって意味が
あるのでそれを簡単に説明しておきますね。

赤文字・・・すごく重要なこと
青文字・・・品種のことが終わった後に説明する用語

・ブリティッシュショートヘア
 歴史と特徴
 ブリティッシュショートヘアの基はローマからイギリスへ
 持ち込まれた短毛の猫と言われています。
 イギリス産の猫として改良されました。
 初めて紹介されたのは1871年のロンドンで開催された
 キャットショーで、ブルーの毛色が特に人気でした。
 体型も昔は大型だったのですがペルシャとの交配によって
 セミコビーになりました。
 体の特徴は丸くて大きな頭や筋肉質な体です。
 性格はのんびり屋です。
 原産国:イギリス
 体重:3~6.5kg
 体型:セミコビー
 毛質:短毛でビロードのような手触りです。
 毛色:多数あります。
 目色:ゴールド、カッパー、毛色に準ずる

・エジプシャンマウ
 歴史と特徴
 エジプシャンマウの基はエジプトにもとからいた猫と言われ
 ています。
 イタリアにいたロシアの「ナタリー・トルベッコイ王女」が
 エジプトから輸入したメス猫とイタリアのオス猫と交配させ
 産まれた猫を母親に戻し交配させました。
 1956年にナタリー・トルベッコイ王女は猫達を連れて
 アメリカに行きキャットショーで紹介しました。
 このエジプシャンマウのマウとはエジプト語で猫と言う
 意味です。
 体の特徴は野生猫と同じような斑点模様をしています。
 性格は人見知りでおとなしいです。
 原産国:エジプト
 体重:2.8~5kg
 体型:セミフォーリン
 毛質:短毛
 毛色:シルバー、ブロンズ、スモーク
 目色:グーズベリーグリーン

こんな感じですかね。

今日はこの辺で終りにしたいので最後に↓にモルモットの詩桜の
写真を載せておきますね
DSC03277.jpg
 ↑
爆睡中の詩桜です。
この状態になると部屋の中で掃除機をかけても起きないことの
方が多いので、ビビリが多いモルモットの中では珍しいのかと
思うのですが母親の小羽もモルモットの飼育書に載っている
性格と違って強気な子だからその子供だから仕方ないのかなぁ?

次回の更新は3日後の1月28日に夜月かけいのどちらかが
更新しますので良かったら見て下さい

それじゃあ、バイバ~イ
スポンサーサイト



FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

0 Comments

Post a comment