FC2ブログ

柿について

こんばんは~(≧▽≦)

夜月です。

今日は前回の記事で予告していた果物のことについて、書いていきます。

今の季節は秋なのでまずは秋→冬→春→夏の果物と言う感じで書いていく予定で一応、書く果物の内容は動物の食事で一般的に使われているもののみに絞って書くことにしています。

1回目は柿です。

①栄養

柿は甘柿と渋柿に分かれていて、渋柿の場合はアルコールや炭酸ガスなどを使ったり干し柿にすることで甘くします。
ただ、干し柿にするとビタミンCがほとんど抜けてしまいますが、その代りにビタミンAやカルシウムなどが増えるようです。

ビタミンC、β-カロテンが多く、渋みの成分のタンニンなどが含まれています。

ビタミンC
水に溶けやすい水溶性ビタミンで免疫力の強化やコラーゲンの合成、抗酸化作用などの効果がありますが熱に弱いです。

β-カロテン
体内でのビタミンAへの変換、皮膚や粘膜の細胞を正常に保ったりします。

タンニン
ポリフェノールの一種で、抗菌作用があったり血圧の上昇を抑えたりしますが、鉄分の吸収を妨げます。

②選び方

全体的に色づいていて、張りと艶があり、ヘタとの隙間がなく、硬すぎず柔らかすぎず重みのあるものが良いみたいです。

③種類

富有柿(ふゆうがき)
甘柿で柔らくて、甘みが強く果汁も多く、甘柿の中で生産量が多い種類です。

平核無柿(ひらたねなしがき)
種のない種類の渋柿で、渋抜きされてから出荷されます。
果汁も多く甘みが強いです。

次郎柿(じろうがき)
名前は発見者の治郎さんの名前からきているもので最初は治郎柿だったのですが戦後に今の次郎柿に名前が変わりました。
甘柿で、種がほとんどなく、果汁も少なめで甘く堅めです。

④旬の時期

種類によってずれはありますが、主に10~11月ぐらいです。

こんな感じですが、どうでしたか?

栄養や種類に関しても大まかに書いただけなので、詳しく知りたい方は専門的に書いているサイトや本を見て下さい。

家では毎年、フクロモモンガ達にあげているのでもう時期したら色んな種類が出回ってくるのでエジプシャンの昴(すばる)など食べさせたことのない子等に早く試してみたいです(笑)

今日はこの辺で終りにしたいので、最後に↓に食事中のフクロモモンガ、蒼太(そうた)の写真を載せておきますね

DSC04859.jpg

次回の更新は3日後の9月25日に夜月かけいのどちらかが更新しますので、良かったら見て下さい

それじゃあ、バイバ~イ


スポンサーサイト



FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/25 (Fri) 23:36 | REPLY |   

Post a comment