FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

コウモリを選んだ理由

こんばんは~(≧▽≦)

夜月です。

まず始めに次回の更新のことで、次回は自分の「趣味・好きな物」のことを書きますので、興味があったら見て下さい!!

明日はいよいよ、新入りのエジプシャンの女の子の検疫期間が終了で朝に昴(すばる)のケージに入れてみます。

2匹とも仲良しくしてくれると良いなぁ(^^♪

ちょうどエジプシャンも未定とはいえ男の子と女の子を揃えることが出来たから、今日は「何でブリーダーとして開業する店で扱う動物として、コウモリを選んだのか」を書こうかと思います。

家にコウモリがいると言うと、「家で飼育できるの?」とか「何を食べるの?」とか聞かれるのは全然問題ないのですが、中には「美病原菌など悪い物を持っているから危険じゃない?」とか「危ない!!」、「怖い!!」など言われたりするとついカチンとしてしまうことがあります。

まぁ、前からテレビやネットなどで、色んな病気やウイルスを持っているから危険と言うことだけの内容のことを発信されたり、昔から映画や物語などのイメージや見た目だけで怖い・危険といったイメージをついたりしている人も少なくないのはコウモリ達を育てる前から聞いていたことだけど実際に↑のようなことを言われるとショックですね(>_<)

↑最近の話だと数年前にエボラ出血熱の感染で騒がれていた時に感染源の動物としてフルートバットの話でもフルーツバットがウイルスを持っているとだけしか説明されていなかったり・・・

実際、色々と調べたりしてみたけど、感染した現地ではフルートバット以外にもサルなども食べたりする習慣があったり、研究などの結果100%コウモリが原因と言えるかは微妙みたいなんですよ💦

ちなみに日本でいるペットとして出回っている子達は基本的(違法で輸入or感染した動物が入ってきて感染)には問題ないのですが、というよりそのウイルスを持っていたらすでに国内の動物園、ブリーダー施設、一般などで感染、発症していますからね(笑)

エボラ出血熱のことでは今のところは問題ないとは書きましたが他の動物でも感染する、ダニ症、真菌症など一般で飼育されている子達にも感染する病気に感染したりするから、そこは他の動物同様に注意して下さい!!

あと、コウモリと言えば日本ではよく見られるコウモリでアブラコウモリなどのコウモリ達(フルーツバットとは別種)がいますが、他の野生動物と同じくどんな病原菌を持っているか分からないから、なるべく接触しない様にしましょう。
(日本の野生で見られるコウモリは鳥獣保護法により飼育禁止です)

実際に似たような話で言えば、ヘビ、トカゲなどの爬虫類とかも同じようにテレビやネットなどで毒を持っているなど「危険」と言うイメージを強調した内容もあったり、やっぱり人やよく飼育されている犬猫などと言った動物とは違って見た目も独特だから、あまり良くないイメージを持っている人もいるようです。

別に苦手とかは仕方ないとは思うんですよね、やっぱり誰にも好き嫌いがあるし、中には過去に色々とあってトラウマを持っていたりする人もいたりすから・・・・・
(自分も苦手な生き物(ゴキブリなど)がいますからね)
 ↑
苦手と言いながらも爬虫類の餌として売られている種類は普通に触ったりできるんですよね(笑)

ただ、動物達や好きな人、育てている人達の前で「危険」とか「気持ち悪い」、「普通じゃない」とか言ったりして相手を傷つけたり不快にさせないようにしてほしいですね。

自分としては小さい頃からコウモリが好きで育ててみたいと思いながらも当時は何も知らなくて、コウモリを一般で育てることが出来るとは知らなかったけど、実際育ててみると普通にご飯を手渡しで食べてくれたり、撫でられるとうっとりしてくれたり、手を近づけたりするとじゃれてきたりなど可愛くて、人にも慣れやすいから一般の人でも普通に飼育しやすい子達と思っています。
(ただマニアックな種類だから扱っている店や診てくれる病院を探すのには苦労すると思います)

過去に何度か書いている内容ですが、2003年に輸入禁止になったため国内繁殖のみでしか流通出来ないから年々お迎えしにくくなっていて、このまま行けば数年後には数年おき、もしくはお迎えすることが出来なくなる可能性も十分にありますΣ(・□・;)

希少な種類のため、お迎えしたくても出来ない人も少ないくないんですよね。
(自分も数年前まではそのうちの1人でした)

話が長くなってしまいましたが、結局のところ自分が何でブリーダーとして開業する店で扱う動物として、コウモリを選んだのかは↓になります。

この子達の可愛さ仕草や飛んでいる時のかっこよさなどの魅力を知ってもらいたい
今以上に流通量を増やして、欲しいと思っている人のところに渡るようにしたい

実際には出来ることならアブラコウモリもと言いたいところですが、↑に書いた理由でダメですね。
(ただ、保護の場合は県の自然保護課や鳥獣保護センターなど行政から許可が出た場合のみ一定期間の飼育が出来ます)

前から最初にの繁殖させるメンバー候補はとりあえずコウモリ達が確定なのですが、手に入りにくいのと1回の繁殖で生まれる子が1匹(稀に2匹)だから、他をどうするかと思いながらふと頭にヒョウモントカゲモドキやピグミーオポッサムなど色んな動物が頭に浮かんできました。

でも、家の他の種類の子達も検討しているんですよ。

まさか本当にエジプシャン・デマレの両方ともペアが揃うとは思っていなくて、嬉しい意味での予想外だけどそれもあってメンバー選びも根本的に何種の動物を扱うかというところから考え直しているんですよね(-ω-;)ウーン

最終的には大型の施設を用意して何十種以上の動物を育てたいのですが、今の状態だと不可能だからなおさらね.....

種類によっては生活環境などの問題で部屋割りも考えないといけないから、色々と悩みますね。

何かいつも以上に長くなってしまいましたが、今日はこの辺で終りにします。

昴の写真を載せておきますね

DSC09586.jpg
 ↑
前回載せた時の写真と同じ日に撮った昴の写真です。

丁度この写真を撮った時は昴から見て左の方をチラチラと見ていたのですが、何か気になる物でもあったのかな?

それとも外で何か物音でもしたのかな?

次回は6月24日に夜月かけいのどちらかが更新しますので、良かったら見て下さい

それじゃあ、バイバ~イ
スポンサーサイト
FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。