FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

モルモットの呼名について

こんばんは~お久しぶり、夜月です(≧▽≦)

更新は前回が元旦だったから6日振りの更新になります。

理由など雑談はまた最後の方に書くとして、まずは本題の方を書きますね(^^♪

モルモットの呼名

モルモットと言うと家の子達でいう空(くう)達のことなんですが、実はこの「モルモット」と呼ぶのは日本だけなんですΣ(・□・;)

他の国ではどう呼ばれているのか?

アメリカでは「ケイビー」

イギリスなどその他英語圏では「ギニアピッグ」

オランダでは「マーモット」

南アメリカのアンデス地方では「クイ」

と呼ばれています。

知っている物だとイースター株式会さんから出ているモルモットセレクションというフードにはパッケージに「MARMOT SELECTION」と書かれていて、MARMOTがマーモットとなります。

あと昔にペルー出身の人と話をしたことがあって、その時に家で育てている動物にモルモットがいるって言ったら、その人は「あぁ、クイのこと?」って聞かれました。

周りにいた他の人達は「ん?」ってなって、自分も最初は「ん?」ってなったけど、あぁそういやと思い出して「あぁ、そうです💦」って言ったことがあります。

まさか他の名で会話することになるとは思っていなかったから、少しビックリしました(笑)

ギニアピッグに関しては後日に詳細は書きますが、モルモットの品種の1つに「スキニーギニアピッグ」という子がいるからギニアピッグに関してはそれで知っている人もいると思います。

なぜ、日本で「モルモット」と呼ばれることになったの言うかとモルモットは海外の動物(自然界にはいない動物)で、江戸時代にオランダから伝わりました。

その時にオランダ人は↑に書いているようにモルモットのことを「マーモット」と呼んでいるので、そう伝えたはずなのですが発音を上手く聞き取れなかったのか「マルモット」と伝わり、それがさらに訛ったりして「モルモット」になったのではないかと考えられています。

↑に書いたフードの商品名にもあるMARMOT(マーモット)を「マルモット」って呼べなくもないし、現代と違って江戸時代なら外国語で話されても聞き取るのが難しいだろうから仕方ないかな?って思いました。
(今みたいに翻訳機とかないしね)

個人的にはモルモットで気に入っているからこの呼名になって良かったと思っています。

もし変わるとしたら「クイ」が良いかな
(何となく個人的に可愛いかなって思ったので)

あと、ケイビーは今では商品名が変わったけどモルモットフードの海外メーカーのOXBOW(オックスボウ)さんが商品名にケイビーが入っていました。

この呼名について2つ注意点があります!!

1つは「マーモット」と言う名はリス科の動物にも同じ名前の子がいます。
オランダではそのリス科の子とモルモットの両方とも「マーモット」と呼んでいます。

2つは「クイ」なんですが、実はエクアドルやペルーではペットだけでなく食用としても飼育されているので、「クイ モルモット」とかで検索すると料理の写真とかが出るので、調べる場合は要注意です。

自分は食用とかに関しては気にしないので良いのですが、人によってはショックを受けると思うから念のため書きました。

実はモルモットを勉強しはじめた頃にその写真を見てビックリしてしまったんですよね(;^ω^)

ちなみに日本では昔にモルモット以外に「海猽」とか「南京兎」と呼ばれていたこともありました。

和名のテンジクネズミに関しては明治時代に動物学会で↑に書いたリス科のマーモットとの混同をさけるために「テンジクネズミ」と付けたそうです。




こんな感じですが、どうでしたか?

たぶん、呼名のことに関してはあまり聞かないだろうからと思ったのとモルモットのことをこれから書くなら、最初に書くべきだと思ってチョイスしました。

最初の方に書いた書けなかった理由に関しては動物や経営の勉強をしながら、計画表の微調整をしていたんですよね。

それと単純に昨年12月は年末まで色んなことを名一杯頑張ったから、自分へのご褒美として6日まで勉強や動物の飼育・ふれあい以外は好きなことをしまくっていました。

途中にバイトがあったけど、あまり疲れることはなくものすごく楽しめました(o‘∀‘o)*:◦♪

でも、今日から仕切り直しで新しいスケジュールで始めたけど飼育に掛ける時間や他の生活時間でも少し縮めたりなど調整を少しずつした方が良いなと思いました。

またそれは少しずつ調整していきます。

今はとりあえず今やるべきことを1つずつやって、1歩ずつ前へ進んで行かないとね。

では最後にモルモットの璃桜(りおん)の写真を載せておきますね

DSC00812.jpg
 ↑
ちょこっとだけ起きてこっちの様子を伺っている璃桜です。

本当なら完全に寝てしまっているところを撮る予定でした。

だけど、カメラの設定をいじっている間に起きてしまって、こんな感じになってしまいました。

でも、これはこれで可愛いから良いよね(〃艸〃)ムフッ

今日はこの辺で終りにします。

それじゃあ、またね~('ω')ノ
スポンサーサイト
FC2とブログ村のランキングに参加しています。
良かったら適当にクリックして下さい!!
にほんブログ村 小動物ブログへにほんブログ村 小動物ブログ モルモットへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへにほんブログ村 小動物ブログ フクロモモンガへ

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。